©伝統素材伝承支援協会 かまどの神様 150 150

かまどの神様

我が国では古来よりかまどの神様を祀る習慣があります。

最も一般的なものが荒神様(こうじんさま)というものですね。
神道でも仏教でも、火と竈の神様が祀られる習慣があります。

それを実感したのも先日の沖縄。




小さくてわかりづらいでしょうか?
どの竈にも、神様がしっかりと祀られています。

火というものがどれだけ神聖なものとして考えられていたものなのか…
しばし考えてしまいました。

そして、沖縄の竈は石を土台に、
土や漆喰でしっかりと塗り固められています。
ここでも、左官材料の伝統が感じられますね。

そして、火をお祀りするのは竈だけではありません。
石灰岩を焼く、石灰窯。

絶えず燃やし続けられているこの窯でも、
ちゃんとお祀りして、お供えを欠かしません。
窯に向かう棟梁さんはちゃんと塩で体をお清めしてから作業に向かうのです。