©伝統素材伝承支援協会 「さくんどハウス」コンペ結果発表 150 150

「さくんどハウス」コンペ結果発表

昨年11月にご案内した、
長野県佐久市から学生のみを対象とした
空き家デザインコンペの募集。

1月18日にその審査発表が行われました。
http://www.city.saku.nagano.jp/cms/html/entry/6100/7.html


まずはそのコンペ概要から。


題材となるのは黒漆喰古民家。

写真は中山道妻籠宿の街並み(南木曽町)



学生対象 
空家デザインコンペ ~さくんどハウス~ 作品募集!!

佐久市には 「日本で海から一番遠い地点」 があります。

日本のど真ん中 → 日本のHeartがあるまち で 心温まる(Heartful)交流が生まれること
それをめざした様々な交流事業を 「SAKU Heart of Japan Project ~ハートオブジャパンプロジェクト~」 として行なっています。

適度に 「田舎」 であり 「まち」 でもある 佐久 

旧中山道望月宿に現存する唯一の黒漆喰古民家に あなたのデザインで 新たな命を吹き込んでみませんか。

【テーマ】 「空き古民家を活用したまちづくり」

【課 題】  暮らしやすさに定評がある佐久市の「空家」を、若者の感覚でリフォームし、日本のハートのまちにふさわしい、温かい交流が生まれるまちとして全国に発信します。

【応募資格】 
①建築やまちづくりを学ぶ学生(応募時の年齢が30歳以下の学生を対象とします) 
②応募する方は、まず応募登録をお願いします。登録後、登録番号と佐久市の概要・建物の立地・現況図面等をお送りします。
③登録は、先着100名までとします。
登録フォームはこちら ↓↓↓ 
https://www.shinsei.elg-front.jp/nagano/uketsuke/dform.do?acs=sakundhouse

【スケジュール】 
登録申込締切日: 2011年 12月20日(火) 
応募作品締切日: 2012年 1月10日(火) 当日消印有効

【作品の取り扱い】  
①受賞作品のデザイン・アイデアは、実施設計に向けての参考資料として扱われます。作品の内容は、必要に応じて専門家等の意見・予算等の都合により、変更を行います。 
②審査後、作品の返却を希望される方には返送します。

【現地見学会の実施】  11月3日(木)に開催される望月のイベント 「駒の里草競馬大会」 にあわせ、現地見学会を実施します(詳細別途)。 別の日に見学を希望する方には個別に対応します。

【作品提出方法】 
・図面(リフォームデザイン)と空家活用プラン (A2版用紙一枚におさめ、右下に登録番号を記載すること) を作成してください。 
・紙ベース一部と、データ(PDF)を提出 (郵送または持参) してください。

【審査員長】 (敬称略)
土本 俊和 (信州大学工学部建築学科教授)   

【審査員】 (敬称略)
伊藤 美恵 (エファップ・ジャポン学長) 
荻原  白 (社団法人長野県建築士会佐久支部所属) 

【賞】 賞状と図書券および佐久市の特産品
最優秀賞 1点  優秀賞 2点  入賞 5点以内 

【審査】 
ご応募いただいた作品の審査結果の公開については、厳正に審査(非公開)を行い、2012年1月中に入賞者への結果の郵送およびホームページ上で審査結果を公表する予定です。表彰式は佐久市で行います(詳細未定)。

募集要項pdf
http://www.city.saku.nagano.jp/cms/html/entry/6100/file28.pdf


と、いうものでした。
26点の応募の中から、最優秀賞には地元・信州大学のグループが輝きました。
さて、どういったリフォーム案が集まったのでしょうか?

その発表を改めて心待ちにします。