©伝統素材伝承支援協会 ヒカリと風の権利とは 150 150

ヒカリと風の権利とは

ひさしぶりの梅雨の晴れ間。
明日からまた下り坂なので、束の間ですが、爽やかな一日です。


という今日。「日照権の日」だそうです。

「日照権と通風権、法的に保護するのに値する」という最高裁判所の判決が出されたのが1972年の今日。
そうです。私たちには光と風を感じる権利があるんです。




そして…せっかく感じるなら、青い空と心地よい風。
もうすぐ夏です。爽やかに迎えましょう!

…と言いたいところですが、今年も心配されるのが電力不足。
いったいどこまで影響するんでしょうね?