©伝統素材伝承支援協会 甘い準備 150 150

甘い準備

黒砂糖。
甘くてちょっとクセがあって、美味しいですね。
写真素材 PIXTA
(c) larips写真素材 PIXTA


美味しい上にミネラルが豊富。
カルシウムやカリウムがたっぷり。

…なぜでしょう?

それは黒砂糖の作り方に秘密があります。

まずは原料となるサトウキビ。ざわわと生い茂っています。
写真素材 PIXTA
(c) noa195写真素材 PIXTA

サトウキビを絞る。
昔は絞り臼を牛に回させていたのです。



絞った汁を釜で煮て水分を飛ばします。

写真は沖縄の古民家のかまど。
ちゃんとヒヌカン(火の神)が祀られてます。


で、出来上がり…にはならないのです。

サトウキビのしぼり汁は酸性の液体。
中和してやらないと固まらない…。
そこで登場するのが


「食品添加用消石灰」というものです。
昔は藁灰を使ったり、
サンゴを焼いた石灰を使ったりしていたそうですが
現在は主に九州で製造された純度の高い消石灰が
黒砂糖の産地である南の島々へ送られているのです。

アルカリ性の石灰を加えることで中和されるだけでなく
絞り汁に含まれた不純物も取り除くことができます。

だから高カルシウム食品。
お分かりいただけたでしょうか?

黒砂糖の産地での製造期間は例年10月~4月。
そろそろ石灰の準備開始です。