©伝統素材伝承支援協会 メーカー漆喰の製法 その1 150 150

メーカー漆喰の製法 その1

漆喰の原料のおさらいです。

まずは 塩焼き消石灰
そして 麻すさ
さらに 海藻のり














これら3点を混ぜ合わせ、水で捏ねれば
メーカー製の既調合漆喰の出来上がりです。

 といいたいところですが
さらに加えるものがあります。

それが、石灰骨材化学のり

石灰骨材は一般に炭カル、石粉と呼ばれる
石灰石を粉にしたものです。
現在の石灰は昔のものに比べ、純度が高すぎ
また、キレイに篩い分けされているからです。
その「良すぎる石灰」を焼けていない石の粉で薄めることで
昔と同じくそこそこ不純分が入った石灰を造っています。

また、化学のりは主にパルプから抽出された
メチルセルロースといわれるものが用いられています。
(企業様へ無断リンクを貼りました。問題がある際はご一報ください。)
建材から化粧品、医療分野まで多岐に用いられているものです。

これら5点が混合されてメーカー製の漆喰の出来上がりです。


はたして、それで良いのでしょうか?
ご判断は皆様にお任せします。