©伝統素材伝承支援協会 漆喰にカビが生える その2 150 150

漆喰にカビが生える その2


漆喰にはカビが生えます。と言い切ったわけですが…

想像がつかない方もいらっしゃるようですので
実際の写真をご用意しました。

ある文化施設の蔵造りの漆喰塗り外壁です。














結構キレイに見えるのですが、ちゃんと生えていますね。














やはり、ポイントは畑と水。
条件が揃えば、漆喰には簡単にカビが生えるのです。
いずれも構造上、水を切るための細工部分ですね。





























それぞれの写真をクリックして拡大して見れば良く分かりますが
表層の漆喰が雨水で徐々に摩耗していることも見てとれます。
すさ が浮き始めているでしょう?

逆に、そうさせることで壁全体でなく部分的に傷ませ、
結果的に建物が長持ちするための役割を担っているのです。

さすがですね。
長く培われた伝統技術に脱帽と云う所です。

が、さらにエライっと思った細工。















滋賀県のある左官さんの作品です。

汚れる部分をわざと黒漆喰。しかも砂漆喰で仕上げています。
これならカビや汚れが目立ちませんね。
いろんな方法があるものです。


さて、そんな漆喰の技法が花咲いたのも奈良の都。
いよいよ明日から大極殿公開!!

平城宮朱雀門が!














平城宮の大極殿が!