©伝統素材伝承支援協会 漆喰塗料 漆喰ペイント ってなに? 150 150

漆喰塗料 漆喰ペイント ってなに?

禁断のテーマ?!、漆喰塗料 漆喰ペイントです。



10年くらい前からでしょうか、「刷毛やローラーでも塗れる漆喰」が販売され始めました。

四国の雄、田中石灰工業さんの「タナクリーム」ですね。
ただ、これは塗料というより石灰クリームと呼ぶべきです。(タナクリームのwebでも塗料とは書いていませんね。)

昔から職人さんが作っていた生石灰クリームの要領でDIYでも塗りやすいようにアレンジされた漆喰の仲間です。また、西洋の技法にもみられる伝統材料の一つなんです。だから、鏝で塗れますし、仕上げにローラーも使えます。
いい材料ですよ。変なモン混ぜていませんし。

さて、「漆喰塗料」というものが出てきたのはこの5年くらいでしょうか?
それまでは「漆喰風の仕上がり」という分類のものはありましたが…。



では 漆喰塗料、漆喰ペイントってな~に~?という疑問への私なりの答えです。

成分に消石灰を含み、吸放湿などの機能をもった樹脂混合品

以前にも、説明しましたね。
「石灰が固まるのが漆喰。油(樹脂)が固まるのが塗料。」

だから
「樹脂で固めておいて、後から石灰も固まる」のは漆喰ペイント
というべきでしょう。


ですがここで、左官材料と塗料におけるダークな部分。
漆喰の定義に、樹脂入れちゃ駄目っていう決まりが無いのです。
ある定義では消石灰等が30%以上入っていること。
あとはなんでも良いわけです。

塗料も同様。
ちなみにセラミック塗料って良く耳にしますね。
セラミックって焼いたもんですよ。塗って乾いてセラミックになる…わけないですね。
実際にはシリコンが入っているものをそう呼んでいるだけです。
そのシリコンが例え0.1%だったとしても。

珪藻土の左官材も、珪藻土の配合量に決まりはありません。
ちょこっと入っていても「珪藻土(入り)壁材」として売ってます。

だから、
そのへんに売ってる水系塗料にちょこっと石灰入れたら?
そう。漆喰塗料と呼んでもイイんです!

実際にはそうウマく作れませんですけど、簡単に言えばそんなモンです。


じゃ、昔からのほんまもんの漆喰は?
本漆喰と呼べるのは、糊を炊いて、麻すさと塩焼き消石灰を練りこんだだけのもの。
消石灰の割合は90%を超えます。
石灰を練ったカタマリが割れないように海藻と麻を入れるのです。

それ以外はホントは入れちゃ駄目!…だったのですが、技術の革新ですかね。
補助材として樹脂を入れると接着力が増しますし、セメント混ぜても強くなる。
様々な「漆喰製品」が世にあふれています。

漆喰だけでなく、建築材料を選ぶときは、気をつけましょうね。

ちゃんと糊炊いて、ちゃんと作った漆喰、研究は今も続けています。


















関連する過去ログ