©伝統素材伝承支援協会 琉球漆喰 ムチ その9 150 150

琉球漆喰 ムチ その9

今日は6月7日。むち打ち治療の日だそうです。
一般社団法人むち打ち治療協会のサイトへ。)

ワタシは4年程前に被災した交通事故のせいでむち打ちに。
その後、頚や肩の痛みや手の痺れなど
頸椎ヘルニアの後遺障害が残ってしまっています。

そう、だから今日はムチについておさらい。

ムチは琉球漆喰
写真素材 PIXTA
(c) noa195写真素材 PIXTA

沖縄を代表する赤瓦を、ガッチリ止めている琉球漆喰のことです。
シーサーと一緒に家を守り続けてきた、文化遺産ですね。

この漆喰の作り方、ちょっと変わっています。
出来上がりも白くないのです。

興味を持っていただけましたか?

そんな方は過去ログを。


そんな沖縄の歴史を過ごしてきた住宅も
古民家として鑑定が行われています。

クニのタカラ、そのまま捨ててはいけません。
使える資財はちゃんと次の世代へ伝えていきましょう。


厚生労働省認可 財団法人職業技能振興会認定
古民家鑑定士試験 大分会場

6月19日土曜日 午後13時より
会場名:大分市コンパルホール301会議室
カリキュラム13:00~13:15受付
13:15~16:00試験前講習
16:00~16:45 認定試験

費用: 古民家鑑定士 認定試験(テキスト・講習含む):29,000円

お申し込み方法:
 古民家鑑定士認定試験へのお申し込みは、
 財団法人 職業技能振興会のHP をご覧いただくか、
 ワタシ宛てにmailで申込書をご請求ください。
 折り返しご案内させていただきます。

 申し込みは7日前迄です。
 6月12日までにお申し込みください。

大分会場以外でも6月は全国一斉試験開催。
当然、沖縄でも開催されます。

全国の近くの試験会場と日程も
 財団法人職業技能振興会のHPで参照できます。

皆様の多数のご参加、心よりお待ち申し上げております。